fc2ブログ

【もう君たちの総選挙は始まっているんだ2021!】AV廃人・くろがね阿礼が占う!2021年最優秀新人女優候補を上半期バカ売れの猛者(と思われる)45名を一挙紹介!#くろがね阿礼の野良連載

20211sthalf.jpg


全国のAVファンの皆様、コロナ禍の中いかがお過ごしでしょうかって昨年も同じことを言いましたね(笑)、毎度おなじみのAV廃人・くろがね阿礼です。お仕事、健康、ご家族の問題等色々と支障が出ることも少なからずと思いますが、くろがね心から皆様にお見舞を申し上げる次第です。

さて、お見舞いと言えば、年末年始から4月にかけてこの業界も大きな変化に見舞われました。その最も大きな変化と言いますのは、FANZAからのプレステージ離脱です。プレステージ撤退の背後の事情をくろがねは知りませんが、この後ファーストスター、マキシングもFANZAから離脱。この2メーカーは有望な新人を少なからず輩出してきたところですので、いやちょっとびっくり。FANZAアワードの新人女優賞ノミネート予想を主眼としてやってきたこの特集も、FANZAという業界を横断的にフラットに見渡せる場があってのもの。それに三大メーカーの一角プレステージが抜けたところで業界最高峰を決めるというのも変な話ですからね。業界横断的な賞レースというものは実質終了ということでしょう。ああ、気の毒な俺! プレステージのこの挑戦の結果の吉凶をどう占うのかはともかくとしまして、つくづく思いますよ。2020年は本当にまだ希望があったんだよなぁ(涙)↓

【もう君たちの総選挙は始まっているんだ2020!】AV廃人・くろがね阿礼が占う!2020年上半期デビュー組から(あるか分からないけど)来年のFANZAアダルトアワード2021新人女優賞にノミネートされそうな女優36人を大紹介!【前編】

【もう君たちの総選挙は始まっているんだ2020!】AV廃人・くろがね阿礼が占う!2020年上半期デビュー組から(あるか分からないけど)来年のFANZAアダルトアワード2021新人女優賞にノミネートされそうな女優36人を大紹介!【中編】

【もう君たちの総選挙は始まっているんだ2020!】AV廃人・くろがね阿礼が占う!2020年上半期デビュー組から(あるか分からないけど)来年のFANZAアダルトアワード2021新人女優賞にノミネートされそうな女優36人を大紹介!【後編】

そうは言いましてもですね、今年も書きたいという気持ちは決して収まるものではなく、結局のところ皆さんから注目を浴びる女優さんの傾向を見ながら、この社会の求める女の子、エロの形というものを知りたい(何となく分かったところを暫定的にでもログに残したい)というくろがねの欲求は変わらないわけです。

と言うわけで今年も(タイトルはちょっと変わりますが)やります!

【もう君たちの総選挙は始まっているんだ2021!】AV廃人・くろがね阿礼が占う!2021年最優秀新人女優候補を上半期バカ売れの猛者(と思われる)45名を一挙紹介!


今年は上半期にガチ勢入りが45名。ちょっと待て、去年は上半期36名だったぞ!
昨年以上に熱い年になったと言うべきなんでしょうか?

おさらいですが、ガチ勢入りの基準です(今年用にちょっと修正してます)

1 FANZA(MGS)における配信作品のお気に入りの数字のベスト3作品平均が約3000ポイント以上(2014~2016年ノ ミネートの最低ラインがそれくらいと推定)

2 既に引退している、引退の予定がある女優さんは対象にならないこと(改名再デビューの女優も対象になりません)

3 パブリシティの制約が少ないこと(パブリシティの話はとても複雑なので、とりあえずパブの制約が明らかなケースを除き自分名義のTwitterアカウント等で情報発信している子を全員含めることとしました)。

 以上の3点をクリアする女優さんたちをくろがねは「ガチ勢」と呼んでおります。ベスト3作品平均が約3000ポイント以上という基準が、年々増えていくFANZAユーザーの数によりガチ勢入りのハードルが甘くなり過ぎてしまっているのかな?これは今後基準を例えば平均4000ポイント以上にするとか検討の余地はあるかもです。
 では昨年の女優さんたちはどうだったのか、次はそのリストです、数字は2020年12月31日現在です。

gati2020.png


やはり最強ホープちゃんこと石原希望ちゃん、ハラーーーーー ショ!おめでとうございます。AVライターとしての僕は大雑把にキャラクター、ボディ、セックスの3要素で女優さんを見ています。ホープちゃんはどの要素で見ても強いんですが、特にキャラクターが強かった。まさにね、こんな女の子が彼女だったらいいなぁって子なんですよ。意外に皆さんキャラクター重視なんですよね。

それではお待たせしました、今年の上半期ガチ勢女優さんたちのリスト公開、数字は8月9日現在です。ドン!

ガチ勢リスト20210809

本稿は顕著な成績を収められた新人女優さんたちをご紹介する貴重な機会ですので、いささか冗長となることを恐れつつもデビュー月順に丁寧にご紹介して参ります。なお本稿でデビュー月としているのはFANZA及びMGSにおける作品のリリース月を基準としています。本来は発売日を基準とするべきでしょうが、くろがねの集計がリリース月ベースのためこのような形になっていることをご容赦下さいますようお願い申し上げます。それでは今後続々と紹介をして参りますので、皆様どうか最後までお付き合いください。

この上半期を予感させる月となった1月
cjod00303pl.jpg
まずはアイポケからデビューした堀内未果子。彼女はデビュー作及び2作目が10,000超えの大ヒットとなり、基準日時点で全体8位の見事な数字でガチ勢入りです。ご本人は褒められても面映ゆく、あるいは邪魔くさく思われるかもですが(笑)、顔良し、ボディ良しのグラビアばりのルックスでいきなりユーザーの心を掴んでのこの位置です。責め側のテクニックも極めてレベルが高く、かなりエグい手コキやフェラを持っているほか、痴女プレイに欠かせない華麗な騎乗位も持っています。デビュー作でしみけんさんのパンツを脱がした後、鼠径部、玉と舐めていくルーティンを披露。男の性感帯を本当に良く知っています。果たしてリリースされた作品のラインナップを見ると痴女作品が多いですね。サバサバしたキャラクターの押し出し方で見えづらくなっていますが、彼女が受けに回った時のセックスを見れば分かるように、カラダはとても敏感で、かなりイケるくち。彼女を徹底的に責めるタイプのプレイもの作品というのが無いので、その方向にあるいは伸び代と言えるものがあるかも知れません。

ipx00718pl.jpg
1月初旬デビューのアイポケ専属白峰ミウもデビュー作で10000超えを叩き出し、ガチ勢入りです。今年の1月は何かと依頼が重なって彼女の記事を書くことが多かったんですが、これでもかとスレンダーでしなやかな体形なのに女らしいゴージャスな丸みのあるボディはご馳走です。決して押し出しの強いキャラクターではありませんが、主観なんか非常に上手で、とても機転の利く賢い女優さんだなという印象をくろがねは持ちました。セックスの技量に関してはデビューの時点で既にプロ級、おそらく8月の新作の超高級メンズエステが彼女の技を味わうには最適な作品だろうと思います。ルックスもさることながら芸達者、まだまだ切っていないカードがたくさんありそうな彼女です。

1sdab00191pl.jpg
綺麗な顔にドンピシャで似合い過ぎるショートカット、SOD青春時代レーベルからデビューの早見ななもガチ勢入りです。緊張していて不安げな表情が印象に残ったデビュー作でしたが、ぷるっぷるの美乳と乳首を刺激された瞬間、セックスの神様が降りてきたような敏感な反応、このまま乳首イキしちゃうんじゃないかという激しい感じっぷりでした。しかも乳首を責められた後はパンツにじっとり割れ目染み。ようやくセックスが気持ちよくなって来始めた若い女の子の雰囲気がビシビシと伝わる初セックスを見せてくれたデビュー作でした。デビューからは大分経ちますが、その間痴〇に開発されたり、青春時代のレジェンド2人と共演したりと色々あり成長著しい彼女、最新作は原点に帰って割れ目染みで誘惑です。この成長っぷりには彼女を送り出した小松(17)監督も草葉の陰でさぞやお喜びでしょう。

jul00687pl.jpg
早見ななちゃんが5年くらい経つとこんな感じに成長するんだろうなというド直球美女が、マドンナ専属の本田瞳です。「瞳」の名のとおりクリっと可愛らしい大きな瞳と抱き心地満点感がビシビシと伝わる美味しそうな肉付き、見て楽しい、抱いて楽しい、特に良さを伝える努力をしなくても自然と良さの伝わる本田さん、若めの人妻カテゴリーの女優さんとしては無敵です。このところ頻繁にツイキャスをやってくれるのも嬉しいことで、僕なんか割と頻繁に聞きに行ってます。奈良から東京に撮影に出掛け、「同窓会に行ってくるね♪」と出ていった妻から、もう3時間既読がつかない間きっと一生懸命撮影をしているであろう瞳さん、旦那さんにバレても何とかしてくれるらしいので(本当か?)一先ず安心ですね。悶絶ものの可愛らしさを振りまく素直なイキっぷりでこれからも僕らを魅了してくれることでしょう。

13dsvr01012pl.jpg
性欲を満たすためなら普通にAV出ちゃうフットワーク軽すぎなガチ素人による新レーベル、SODエロマンレーベルからデビューした美島由紀もガチ勢入りです。本当に不動産屋さんにいそうなOLさんの雰囲気たっぷりの彼女、僕も法学部出身なんで不動産物権法とか随分勉強したんですが、結構厄介で気を使う仕事ですよ不動産って。経験人数40人、積んだもんですね(笑)。さて彼女ですが、スーツの中に性の匂いをぎゅっと押し殺した地味なOLさんの佇まいですが、デビュー作でお手合わせした男優さんたちへのフェラを見れば、分厚い経験値でしっかりと工夫に工夫を重ねて気持ちいいセックスを追究してきた跡が伺える見事なものでした。彼女は男の性感帯をとてもよく知ってます。しかも繊細なタッチ、おもちゃの刺激への感じっぷりや、豊富な汁量を見せつけた豪快な潮の吹きっぷり、デビュー作のハメ撮り男優イケメン市川くんに対して見せた色っぽいお顔、極めつけの精飲を見るにつけ、この人はAVに出なくてもセックスの相手には全然困らないけど、市井に紛れた変態でいることに飽きてしまったのかな?なんて思わせるものがありました。これってなかなか強力なファンタジーですよね。新作はAKNRからリリースの痴女もの。美島さんのように勝負どころが分かっていて、ここ一番で武器を使える女優にはチャンスがあるので、今後もご活躍を期待してます。

もはやニッパチのジンクスなどAVには関係ないと実感させられた2月
pppd00936pl.jpg
ニッパチは商売の鬼門と言いまして商売の動きが鈍るなんて言われますが、今年に限っては逸材が続々よデビューし、2月デビュー組が続々とこのガチ勢リストにランクインしております。その頂点にいるのが、OPPAIからデビューした楪カレンです。誰にも文句を言わせないという圧すら感じさせる美形、美爆乳Hカップに豊かな肉付きのお尻、そしてクビレ。男子の夢を具現化するとこうなるぞという女優さんです。ベスト3作品アベレージ40000超えは昨年の石原希望を凌駕し、このまま年末まで走り抜けてしまいそうな勢い。リリースされた12作品中8作品がお気に入り10000超えという、デビュー半年でもう鉄板女優の数字の出し方をしていますね。セックス中の魅惑的な笑顔、感じる乳首を吸われた時のうっとりした顔、パイパンから溢れる豊富な汁、責めては舌と唇を器用に使う丁寧なフェラ、攻守交替で見せるグラインド騎乗位の滑らかな腰使いと、全く死角がありません。余談ですが、彼女は最近ファーストガンダムを一話から追っかけ中。twitterでガンダム好きおじさんたちを狂喜させています。しかし彼女ほどハイビスカスの花飾りが似合う女優さん、他にいませんね。

mide00956pl.jpg
楪カレンに次ぐ全体2番手に入っているのがムーディーズ専属琴音華です。一見してムーディーズ専属でかつて一世を風靡した「日本一可愛いハダカの女子大生」の系譜であるオーガニックで爽やかな雰囲気。リリース前から強い関心を集めてのこの位置です。渋江譲二さんが彼女のこと大好きなんですよね。何よりも面白かったのは彼女のセックスへの強烈に前のめりな姿勢、デカチンを自分の中に挿れたらどうなってしまうんだろうかという好奇心を抑えられないというのは、ちょっと面白すぎる志望動機ですが、プレイが始まってみると、目を見張るふっくら美乳、ダダ漏れの豊富な汁量、これなら男優黒田のデカチンでもするっと入りそうだなと期待は高まります。パクっとノーハンドフェラで咥えて大きくした黒田棒を奥までずっぽずっぽと挿入されてあ~ダメ、ヤバい!ヤバい!と気持ちよさそうに悶えまくる彼女、ムーディーズ専属でここまでセックスに最初から前向きな女の子っていただろうかという超逸材です。

ssis00141pl.jpg
上半期一番の話題と言えば、エスワン専属安居カヲルのデビューでした。デビュー作はFANZAの上半期作品ランキング1位、本稿は売上が公表されていないためにお気に入りの数で女優さんの番付を作っていますが、上半期一番売れたデビュー作は彼女のものだというのがFANZA公式発表のようです。デビュー作を見る限り、とても恵まれたカラダとインタビューで人生初セックスから気持ちよかったと回顧しているとおり、これだけの知名度とクラス感がありながらとても楽しそうにセックスをしてくれるのがユーザーとしては嬉しい限り。最近の作品ではこれでもかとイカせまくる作品や痴女プレイが得意なところも見せてくれていますね。彼女はまだドラマ作品が無いので、そちらに適性があるようだと下半期にぎゅん!と伸びてくる可能性が大です。

1stars00403pl.jpg
2月のデビューから2D6作品、VR2作品の計8作品、うち4作品が痴女又は逆NTRというSODstarの柊木楓もガチ勢入りです。初めに言っておきますが、僕はこの子大好きです。SODstarらしさが、捩れた性癖と尖った性格の絡み合った妖しい魅力だとするならば、彼女こそがSODstarの本流だぞと思います。そう、ヤバい痴女ができる素晴らしい素材がSODstarに登場した、そんな感を強くします。僕は彼女のちょっとクセのあるセックスアピールたっぷりの美顔が本当に好き、彼女の真っ白なスレンダーボディと美乳も大好物ですが、それ以上にコクたっぷりまろやかなキスを始めとする濃厚な口唇愛も男をキッチリ制圧する杭打ち騎乗位も大好きです。若いのに本当に良いセックスをする子なんですよ。このタイプの子はエスワンやアイポケではなかなか育たないでしょうし、プレステージにもいません。どうかSODで大事に育ててほしいですね。

bahp00085pl.jpg
水着コンテスト1位ミスキャンパス候補生のサブタイトルがとても説得力ある素晴らしいボディをひっさげてムーディーズからデビューした朝日奈かれんもガチ勢入りです。FANZAでは彼女がクレジットされた作品が33タイトル、MGSでもそっくりさん作品が日間ランキングの常連ですね。綺麗なお顔と細いのにボリューム感たっぷりの美乳を持つ彼女がヤリマン役をやると本当にMGSのユーザーさんに刺さるんですよ。ところがデビュー作で彼女が見せたのは実に可愛らしい乙女のセックスでした。ズボっと挿入した男優玉木に手を伸ばしているのを見たうさぴょん監督が「ひっつきたいの?」と彼女に聞いて、「ぎゅっとして!」と言うところなんか可愛くて悶絶モノでしたね。しかし対面座位の時のお腹のくびれや綺麗なお尻も素晴らしい。モデルっぽい流行りのルックスの都会的な彼女も良いけれど、恐らく彼女は愛欲に塗れた不倫ものとかで輝く子なんじゃないかとくろがねは密かに思っています。

venx00063pl.jpg
今年はむちむち女優に向かい風かと思われたところがなかなかどうして、Fitchからデビューした大原理央がガチ勢入りです。デビュー作の監督さん、クレジットされてませんが豆沢監督でしょうね。淡々と褒めちぎる監督ですが、良くわかります。彼女の涼やかで綺麗な顔立ち、ハリのあるGカップ、前から立ち姿を見ると「極端」と言っても良いほどのウエストのクビレが際立ちます。水泳で鍛えられた彼女、単なるぽっちゃりさんじゃないんですよ。デビュー作ではしみけんさんの乳首舐めに大きく姿勢を崩す感じっぷり。これでスイッチが入ったのかとても良いキスをするんですね。こうなると良い濡れっぷり、クンニでたっぷり汁を味わうしみけん責めに実に色っぽい悶えっぷりで応えてくれます。彼女の感じっぷりは本当に良い。フェラとなればとても献身的なディープスロート、髪を汗で濡らして高い声を上げる派手な悶えっぷりは見ごたえたっぷりです。インタビューでチャラい男が好きと言っていた彼女ですが、チャラい男にグズグズに崩されるドラマものなんかも見てみたいですね。ちょりーっす!

1hbad00587pl.jpg
天使過ぎると話題だったクォーター美少女の元子役タレントのサブタイトルを引っ提げてFitchからデビューした柊紗栄子もガチ勢入りです。ガチ勢入りは喜ばしいことですが、みんな、彼女のことちゃんと見てるのか!?柊紗栄子はもっと上だろ!と彼女のことが大好きなくろがねは思います。小柄でGカップ美巨乳、巻き髪がゴージャスなFitchのパッケージ以降、FANZAではレズと人妻作品が多い彼女。インタビュー読むと彼女、人妻作品に憧れがあったみたいなんですけどね。くろがねは彼女のギャルや制服美少女も見てみたいなと熱望しています。年齢とルックス相応の作品に恵まれると一気にブレイクするんじゃないかと。この点彼女のそっくりさんを多く手掛けるMGSの作品は彼女の使いどころが良く分かっているなという印象です。もっと派手でゴージャスで若さ溢れる彼女を演出して欲しいと願って止まないくろがねです。彼女の抜群の感度の良さは、彼女が大らかな心で自分のカラダと相談しながら磨き上げて来たものに見えます。羞恥心より好奇心の方が勝っちゃうタイプなんでしょう。そして彼女のセックスはいつ見ても美しいんですよね。自分のボディ、特にお尻が映えるようなポージングを常に意識しているようなカメラ収まりです。ポテンシャルなんてもんじゃなく、彼女はもう既に力をちゃんと証明している女優さんなので、あとは誰かの目に留まるだけ、僕はそんな風に思います。

SODがWILLの牙城に殴り込みをかけた3月
1stars00422pl.jpg
商売の伝統的なセオリーを大事にするスーツな会社WILLと社長からしてめっちゃ若いギークな会社SODですが、このSODが僕の知る限りこの5年で初めて3月を制したのは初、朝田ひまりが成し遂げました。つい最近朝田ひまりを週プレで紹介した時にはその目覚ましい成長ぶりに目を奪われました。デビュー作では男優にされるがままだったように見えた彼女ですが、男優黒田のハメ撮りの時点で成長は始まっていたんですね。上の画像に挙げている浴衣姿が眩しいこの作品ですが、男優を誘惑し、キッチリリードし、巨乳の女の子らしいあざとさを見せ、見事なパイズリと危険なフェラと自由自在の騎乗位を披露しています。切っていなかったカードを全部切ってきたのがこの作品と言っても良いほどの力作なんですが、執筆時点(8月24日)でお気に入り1709ポイントとは皆さん見る目が無いなぁと思います。可愛いお顔と巨乳だけでも見る価値がある子ですが、皆さんの想像以上の床上手っぷりを楽しむべき逸材だとくろがねは明言しておきます。

ssis00192pl.jpg
皆様ごご存知、エスワン専属はやのうた、春のセールに引っかけて目玉新人のデビュー作を最初から割引価格で提供ということで、予約段階のお気に入りの数字はゼロからのスタート、それでも10000超えを達成するところは、助走なしでバスケットリングを両手で掴むに等しい凄まじい跳躍力を見せてくれた感がありました。まあ、ファンサービスってのはこういう超逸材、絶対的エースへの手放しの信頼が無きゃ出来ませんよね。彼女に関してはくろがねは大型特集を書きました。

【写真集『うたこの休日』発売記念!はやのうた特集】女子大生らしい素朴かつ抜き身な性格と、ピッカピカに美しいボディの突き抜けた魅力!AV女優としての彼女のポテンシャルとは?AV廃人くろがね阿礼がうたこの魅力を語り尽くす!【前編】
【写真集『うたこの休日』発売記念!はやのうた特集】】本当はおっぱいをガッツリ責められたい!恥も何もかもかなぐり捨ててセックスに没入するワイルドな衝動の塊、鬼性欲姫・はやのうた!AV廃人・くろがね阿礼は彼女にどんな将来を見るのか?【後編】

「鬼性欲姫」って、ちょっと僕、筆が走りすぎましたかね(笑)。とは言え、これはうたこさんが本当に突き抜けたボディの鬼性欲姫路線をしっかりと演じ切ってくれているから書けたのでありまして、第一義的にはデビュー作を撮った紋℃監督の演出の賜物です(そうだ紋℃さんが悪い、僕は悪くない)。とは言え、この特集の後もツンデレ巨乳妹、ノーブラ誘惑JKと鬼性欲姫路線はバッチリ当たっているなというところで、やはりはやのうたは最高の素材だったと改めて思います。個人的には彼女のおっぱいの並外れた感度がとても気にかかっておりまして、上に挙げましたおっぱい性感覚醒オイルマッサージはすごく気になってます。チャンスがあればまた商業媒体で作品をフォローしてみたいですね。

1fsdss00280pl.jpg
4月末の週刊プレイボーイでデビュー作を取り上げたのも記憶に新しいだーももちゃんことFALENO専属本田もも、新世代パイパンお姉さんとしてデビューしたんですが、最近パイパンじゃなくなったんですね(笑)。僕は週プレで彼女の特徴を「抱かれ上手」と表現しました。恐らくだーももちゃんご本人にも何をほめられてるのかさっぱり分からなかったと思うんですよね(笑)。実は僕、AVのセックスを見る時、比率的に普通の人より男優を多く見ていると思うんですよ。彼女のカメラの前での最初のセックスの時のおっぱい触られながら妖しい目つきになっているだーももちゃんを見て玉木玲はいつものペースを乱されちゃってるんですよ。彼にしては早く胸元に手を入れたりしてるとこ見ると玉木玲は素で興奮してるなぁとか。おっぱいを優しく撫でる玉木玲にさり気なくさわさわとしたタッチでお返ししてるなぁとか。玉木玲って女の子の乳首舐める時焦らすことが多いのに、だーももちゃんには食いつくように行ったなぁとか僕はそういうところを見ているわけです。何か特別なテクニックを駆使しているように見えないのに、揉みたい場所におっぱいがある、吸いたい場所に首筋がある、吸われれば最高にセクシーな顔で悶えてくれる、うまく隙を作って誘い込んですように僕には見えます。そしてだーももちゃんが玉木玲に手を伸ばすと玉木玲は密着体位でズコズコ突きまくるわけです(彼は意外とこういうサイン、他の女優さんだと見落とします)。男優に全てお任せしているように見えて、男優と同じくらいの成熟度で男優のセックスをフォローしている(ように見える)。だからだーももちゃんには男優が前のめりになる。これって洗練されたフォロワーの技だと思うですが、彼女は抜群に上手いんです。ちなみにだーももちゃん、結構乳首強めに責められるのが好きなんですよね。だーももちゃんの乳首モノには密かに期待しています。

ssis00140pl.jpg
エスワン専属、こずえもんこと藤田こずえもガチ勢い入りです。3月は売れ筋女優のデビューするかき入れ時でありまして、彼女も僕はデビュー間もない頃に週プレでご紹介しています。メチャカワですよと紹介している僕なんですが、なぜか彼女は自虐的に振舞っていて、可愛いって言われるのを避けているように見えるんですがさりげなく梯子外されてる感じでしょうか(笑)。いつもこれくらい自分好きでいいんですよと僕は思います。エスワンの女優さん、今年はほぼ全員デビュー作お気に入り10000超えですが、2018年なんて坂道みると夕美しおんだけでしたからね、こずえちゃん含め、今年はみんなレベル高いんですよ。さて、衝撃の爆裂全身性感帯デビュー作ですが、まあこれほど見どころの多いデビュー作は無かったと思うんですよ。例によって焦らしを入れる玉木玲、弄りながら「じゃあ、やめよっか?」と言うとこずえちゃん「あぁぁぁぁぁぁ~れぇぇ、やめはいやらぁあぁ~」と言って落ち着いた後「ごめんなさぃぃぃ~」って言ってたんですが、いや面白すぎるでしょ(笑)。こんなに面白いリアクションしてくれる女の子ってそうはいないので、この子彼女にしたら絶対面白いぞって(実は僕も思ってますが)そんな奴らがこずえちゃんのコアコアなファンになってると思います。ナンバーワンよりオンリーワンという言葉があまり好きではないくろがねですが、ひとかどの者になれるのはオンリーワンの個性のある子だけというのは断言します。こずえちゃんにはそれがちゃんとありますよ。

ekdv00666pl.jpg
大変僭越ながら、毎朝のように僕がリプを送っている女優さんがムーディーズからデビューした辻さくらです。なぜ彼女に毎朝のようにリプを送っているかと言いますと、実は僕は企画単体女優のそっくりさんの宝庫であるMGSのランキングをチェックするのが日課でありまして、彼女のそっくりさんがそのランキングの常連だからです。見つけたらそのそっくりさんとそっくりな辻さくらちゃんにメンションを送らずにいられないくろがね、大変申し訳ないことでさくらちゃん毎朝うるさくしてごめんなさい。マスクで顔を隠したデビュー作以降、実に安定した数字を積み重ね、手堅く数字が取れる企画単体女優としてのご活躍の結果としてのガチ勢入り、僕も大変嬉しいです。最近では3月の売れ筋女優の例に漏れず、つい先日、僕は週プレで彼女をご紹介しました。デビュー作からトップバッター男優の貞松大輔相手に止まらない暴走高速騎乗位をキメ体を震わせて感じまくり、痙攣しながら余韻を味わう汗の滲んだ豊満なカラダは実に魅力的でした。これがあってあの汗だく筆おろし痴女お姉ちゃんの作品に繋がったんだろうなと思います。僕もこんな積極的な痴女お姉ちゃんに濃厚に構ってもらいたい人生でしたよマジで。

超売れ筋にして超クセ者揃いの4月
ebod00823pl.jpg
4月デビューの一番最初にご紹介するのは、E-BODYからデビューした北野未奈です。彼女は月刊FANZAでデビュー作をレビューしたんですが、僕のリーディングでは全体6位。上半期デビューだと逸材が次々デビューしてきてズルズル落ちていくケースも多いんですが、彼女はデビュー作が20000超えを叩き出した上、その後も安定した数字を出しているためにこの位置をキッチリ守っています。まだまだ伸び代たっぷりという感じですね。レビューにも書きましたが、彼女は男性を篭絡する手管を持った本物です。よくフェミ系の人たちに強く非難されるタイプの、いかにも男性が喜ぶ「理想の女性像」のファンタジーを男性に消費(課金)させ、再生産して類としての女性たちをステレオタイプで苦しめる、見方によっては女性の敵なんだと思います。しかし同時にそれは彼女が男の夢の女であることの証明でもあります。デビュー作からドラマものに多く出演する今に至っても、性欲旺盛で、性技に長けたスゴ腕の女というイメージは変わらず、むしろ強化されている感がありますね。最近では痴女系が多い彼女ですが、舐めてほしいからパイパンにしたとか、自分でくぱぁをした時に溢れて止まらないマン汁ちゃんぶり、特徴のある深いフェラ等、性癖はM寄りかなと思わせるものがあります。特に(モザイクがあるため分かりにくいんですが)あえて口を閉じずに喉や口内の粘膜に擦り付けるスタイルのフェラ。これは僕も味わったことが無いタイプのフェラですが、絶対気持ちいいです。肉厚だけどぽっちゃりではない良く締まった豊満で重量感のあるボディを駆使して、パイズリや杭打ち騎乗位、グラインド騎乗位を次々とキメていく様はいつ見ても圧巻です。こうして見ていくと2月の楪カレンと素材的には被る部分が多いんですが、ファンの中にグイグイ入って行く積極性で稼いだ10万人超えのフォロワー数、デビュー作のおかわりセックスで見せた無尽蔵かと思わせる性欲、そして都会的な雰囲気で独自の存在感を獲得しています。彼女ほど真っ赤なのドレスの似合う女優さんはにいませんね。余談ですが、先日安田理央さんの事務所で月刊FANZA大木編集長交えて飲んだ時、彼女のインタビューの話になり、大木編集長が、いや~北野さんいつもああいう恰好なんですよ、ビックリしました!と語っていたのが印象的でした。他の女優さんはファンタジーの中にしかいなかったりしますが、北野未奈はガチで存在します。

miaa00479pl.jpg
ムーディーズからデビューした花狩まいは、現在全体7位、衝撃のデビュー作から13作品にクレジットされ10000超え2本。彼女はMGSでもそっくりさん作品がリリース後ランキングの常連ですね。繊細な造作の美しいアイドルフェイスが愛されている女の子です。ところが彼女もクセの強いセックスをするんですよ。彼女のデビュー作も月刊FANZAでレビューしたんですが、フレッシュレーベル歴代屈指の濃いデビュー作でした。即ハメ、言葉責め、イラマ、ぎゅーっとつまんで伸ばすかなり強い乳首責め、スパンキングと、ムーディーズなのかえむっ娘ラボなのか分からないくらいハードでした。これが彼女の普通のセックスなのかと思わせるリアリティたっぷりの作品でしたね。これで多くのファンを掴んだと言っても過言ではないでしょう。ドラマものは性処理モノが9に対して痴女が1くらいの比率で作られています。何と言っても彼女は桃乃木かな、栄川乃亜、楓カレン、根尾あかり、花音うららといった強力なキャラクター女優達の事務所の後輩ですから、作品が多くなっていくに従って「田舎の工業学校~」のようなポップで可愛らしい痴女作品が増えていくことでしょう。楽しみですね。

mide00969pl.jpg
くろがね阿礼の野良連載、4月の覇者ムーディーズ専属の夢見るぅも当然のようにガチ勢入りです。グラビアから転身した超有名人の彼女ですが、4月にデビュー、2作目は6月、3作目は9月と作品の間隔が開いているために、AV女優になってからの情報量が少ないんですよね。ファンの皆さんは作品が少ないことでお財布的には助かっているかも。彼女のデビュー作はすごく面白い作品でした。キョウセイ監督の弄りと男優貞松のテクニックのおかげで彼女の面白さを引き出せた感じがあります。編み込みの可愛らしいヘアスタイルで登場した彼女でしたが、連発する「ダメです!」がとても良い間で繰り出されていため、結構ツボりました。何せ爆乳Iカップの売れっ子グラビアアイドルですからもっとイケイケな子なのかなと思ってたんですが、実は慎ましくてシャイなガードの硬い子なのかなという印象でした。フェラなんかが決してプロっぽくないのも、彼女のガードの硬さと整合する感じがして微笑ましいんですよ。でもグラインド騎乗位はすごく綺麗に腰が振れているし、全身も敏感。プライバシーの確保された場所で静かに濃密なご奉仕プレイを楽しんできた子なのかなといった印象です。これまた綺麗で強烈なセックスアピールのある顔面で気の強そうな印象もあるんですが、実は尽くすタイプなのかもって思いました。とっても可愛いですよ。

jul00715pl.jpg
ぱっと見シャンプーや化粧品のCMにでも出てきそうな掛け値なしの美女、マドンナ専属の小松杏もガチ勢入りです。パッケージ見たときは、ヨーロッパの映画祭のレッドカーペットの上を歩いてる中国の有名映画女優が出てきたのかと思ったくらいの規格外の美貌に打ちのめされました。まあとにかく美女、めっちゃ美女です。お顔だけじゃなく、ボディも清涼感のある美しさ。そしてプレイ内容もなかなかにエグいんですよ。吸引力のある乳首舐めから徐々に下へ降りていく舐め技なんですが、ところどころでお腹にチュ!とか芸が細かい。すぐにフェラに行かずに股関節にチュ!とかとっても憎い間合いで攻めて来ます。フェラも寝かせたまま裏筋を舐めるとか、まあちょっと若い子には無理だよなぁという分厚い経験値を感じさせる舐め技を持ってます。そして騎乗位が素晴らしい。細い体をくねくねとくねらせるグラインド騎乗位はもう本当に眼福。これが普通の騎乗位でも対面座位でも同じように腰を振ってくれるのが嬉しいところ。極めつけは潮。この細い体のどこに蓄えたのかと驚く程の潮の量で驚かせてくれます。総じて丁寧で美しいプレイスタイルの彼女、新人ではあるんですが、若い女優さんが彼女を見て「ああ私もああいうのやりたい!」と思うようなプレイだと思います。

jufe00326pl.jpg
クリっとした可愛らしいお目々、今年の新人さんの中でも屈指の美しさを誇るごちそうボディ、ムーディーズからデビューした朝倉ここなもガチ勢入りです。ここなちゃんはデビュー作のパッケージの笑顔のまんま、平塚らいてうが陽キャになったような美人さんです。彼女のあっけらかんとしたキャラクターにはデビュー作を撮った巨匠うさぴょん監督も男優黒田もとても楽しそうででしたね。恐らく彼女のファンになった皆さんは言われると思いますが、この屈託も影もない明るさや楽しさがサイコー!という子です。その上、スレンダーボディからズドンと浮き上がるような美巨乳Gカップ、柔らかそうな質感の手入れの行き届いた綺麗なお尻とお腹のクビレですから、ファンの皆さんにとってはオラが自慢のここな姫に違いありません。彼女はデビュー作でイったことが無いと言ってましたが、プレイはすごく丁寧で見栄えも良いご奉仕系です。若いのに男の性感帯をよく知っている変化に富んだフェラとボディへの舐め技を持っていますね。プライベートでもパイズリを駆使していただけあって、デビュー作からしっかり最後まで持っていけるパイズリも見せてくれています。責め技に長けていますから当然ですが騎乗位も上手です。これが受け身男子相手、3Pの時とデビュー作では披露しているんですが、すごく上手です。キャラクター、ボディ、セックスと全体的にバランスの取れたハイスペックぶりは今年の新人の中でもトップクラス。体調が悪くて推しの女優さんでヌケない時には朝倉ここなで抜け!という意味で、困ったときのここな様としてくろがねが強くお勧めする女優さんです。

ebod00824pl.jpg
4月最後にご紹介するのがOPPAIからデビューの壇凛沙です。高級痴女倶楽部嬢という肩書でのデビューということで、風俗の中でも僕にとってはあまり馴染みの無いタイプのサービスなわけですが、プレイが始まった時の絡みつくような悶えっぷりにはデビューでお手合わせした男優小田切も内心(濃いな~)と感じていたんじゃないでしょうか。彼のように薄味の若い女優さんをお相手することが多いと、余計に彼女の痴女テイストには一味も二味の違うと感じたことでしょう。恥ずかしいねぇ、こんなに近くでお尻の穴見られちゃって~なんて痴女られるとか、男優小田切は極めて経験豊富な男優さんですが、地がドSなので調子を狂わされたみたいでした(笑)。プロの痴女倶楽部嬢かつOPPAIデビューだけに、流石に手慣れたパイズリと言葉責めの連携はお見事。幸せだねぇ、おっぱいに包まれて~なんつって、やりますね彼女。うっすらと妖しい笑みを浮かべながらの杭打ち騎乗位とグラインド騎乗位も素晴らしい。攻守交替で責められた時は、相手に見せつけ、興奮をしっかり煽ってくる見事な感じっぷり。バックでも正常位でも体の芯から震えるような悶え方、これは相手の男優だけではなく、画像として見ている僕らにもしっかりと伝わる煽り方です。ユーザーさんからの評価が高いのが良く分かります。上のパッケージはデビュー作よりも更に彼女の痴女スキルに焦点を当てた作品になっています。彼女に煽られてみたいと思うなら、この作品は絶対買いです。

愛され女優の揃った5月
pppd00957pl.jpg
5月の覇者、E-BODYからデビューした瀬田一花もガチ勢入りです。E-BODYからデビュー、かつほんわかした母性を感じさせる美形に爆乳Gカップは彼女の同じ事務所の先輩、霧島さくらの系譜を引いてる感があります。しかも身長175センチ、デビュー作のトップバッターの玉木玲が小さく見えました。彼女のデビュー作は月刊FANZAでレビューしました。天然乳の柔らかい質感、作品で料理を披露したこともあって「お嫁さんにしたい」等の反響がFANZAユーザーから次々と寄せられ、瞬く間に人気女優の仲間入りを果たしました。ランキングは全体3位、デビューしてあっという間に3作品の10000超えを叩き出した彼女は本物です。ユーザーコメントの多くが示唆するように、家庭的なキャラクターでボディもセックスも素晴らしいというのが彼女の人気のベースにあります。実はここまで家庭的なほんわかした雰囲気を持った女優さんて本当に少ないんですよ。作りたくても、美女でもモデルっぽくない、プロの美容の手が入ってないナチュラルなほんわかした顔立ちとボディを持った素材ってのが実はなかなかいない。いたとしてもメジャー路線からは少しズレたぽっちゃり女優の方向性になってしまう。瀬田一花ちゃんが持っているようなドンピシャの美を追求する時間があったら、もっとキラキラしたアイドル風の美少女を発掘する方が実は早いという意味で、彼女は希少種なんですね(これはかつて活躍した霧島さくらが偉大だったという話でもあります)。そして特に彼女のセックスに注目なんですが、最近の傾向をバッチリ反映して、セックスの途中で男性と攻守の交代が無理なくできる高い技量が彼女にはあります。彼女のような豊満ボディなら、とことん受け身でも揉み代たっぷりのボディに飽きずに耽溺していられると思うのですが、そこは現代っ子、彼女も責める時は見栄えの良い騎乗位で男をしっかり責めることができるんですね。最近の巨乳シッターさんの作品や、上に挙げました彼女のお姉さん的な作品は、彼女の愛される理由がはっきりしているから作れる、そんな感じでしょうね。

1fsdss00273pl.jpg
スレンダーで若いOL向けのファッション雑誌から出てきたような清涼感たっぷりのルックスのFALENO専属きりんちゃんこと、夏木りんもガチ勢入りです。デビュー作が20000超えの数字を叩き出した彼女、鉄板女優化している二階堂夢以外にそんな高ポイントが出せるものかと目を疑ったくろがねですが、素晴らしいですね。キラッキラのみずみずしい輝きで、瀬田一花とはまた違った理由でとっても愛されている女優さんです。慎ましくしてはいるんですが、弾けるように笑うところがとても魅力的です。うふふふふ!って感じ。セックスは人生の最初から気持ちよかった、一通り気持ちよく感じる、ご奉仕プレイが得意と言っていた彼女、デビュー作でのクンニの悶えっぷりがめちゃくちゃ煽られる色っぽさだったのと、肉厚な唇、舌と喉を器用に使う丁寧なフェラ、そしてさり気なく股関節へ舌を這わせるなど、私生活でも男性を飽きさせないセックスを追求してきた、むしろ飽きさせないを超えて夢中にさせるところまで行きそうな高いレベルの舐め技を見せてくれています。そして細い体とぷりんとした美乳が見渡せる美しい騎乗位も絶景の極みです。ルックスと艶っぽさだけでも、連れて歩いたらキャンパスの注目の的というくらいの自慢の彼女といったファンタジーがありますが、ファンの目からはたくさん笑ってたくさん話し合って最高に気持ち良いセックスを追求していけるパートナーになってくれる子なんじゃないかって見えてるんだろうなと思います。これって僕は強力なファンタジーだと思いますよ。

pb_e_abw-130.jpg
上半期54名で唯一、MGSで獲得したお気に入りの数字でガチ勢入りしたのが、プレステージ専属、美ノ嶋めぐりです。彼女も逸材中の逸材、美ノ嶋めぐりのいないランキングなんて意味ない、とにかく紹介したいという思いがこの特集を原稿料をもらわずにやっている僕の原動力であります。幼さの少し残る綺麗なお顔ととてもバランスの良いスレンダーボディ、そしてデビュー2作目のタイトルが「神乳Ecupを味わい尽くす性感覚醒3本番 神の造形美!!超絶美乳」であることから分かるように、彼女の美乳はボリューム感、色、形すべてが完璧、眼福の極みです。歴代プレステージ専属に採用される子は大抵ボディに強みがあってセックスもすごく強いですよね。河合あすな、涼森れむ、野々浦暖、松岡すず、蜜美杏等々。彼女の場合はデビューセックスの脚を上げて奥を突く正常位と下から奥を突く騎乗位の反応がどうにも痛そうに見えてしまったのがちょっと損だったかも知れません。これでユーザーの皆さんの関心を失わなかったのは幸いでした。デビュー作のおもちゃオナニーの感じっぷりが、ちょっと鼻をすすって泣いているのか感じているのか分からない感じっぷりだったので、これがめぐりちゃんの普通なのかな?と見方を変えた方も多かったことでしょう。また3チャプター目に出てきた男優小田切がドSっぷりを発揮して彼女の扉を無理やりこじ開け、さらに次のパートで3Pをしっかりこなしたことで、ああめぐりちゃんやっぱ出来る子じゃんとという評価になったのだと思います。ちなみに上にご紹介しているプレステージの目玉シリーズのエステ作品ですが、驚くべきことに、デビュー作では「分かんない!分かんない!」と戸惑っていたグラインド騎乗位で素晴らしい見せ場を作っています。伸び代たっぷり、光の速さで成長する美ノ嶋めぐりからは目が離せません。FANZAから離脱してからの第1号の専属女優として、重い期待を担ってのデビューでしたが、若さと成長の速さ、素晴らしいルックスで健気にプレステージを牽引しています。

hmn00020pl.jpg
お待たせしました、ムーディーズからデビューした津軽のりんごちゃん、広瀬みつき登場です。彼女はあおいれなに(会ったことないのに)めちゃくちゃ愛されている女ということで有名ですよね。あおいれなと言えば女優としての長いキャリアと実績で尊敬を集めている偉大な女優ですから、あおいれなに愛されてる広瀬みつきとは何者かと一気に注目度は上昇。本当に幸先の良いデビューができた感があります。見た目ゆるふわ系田舎美少女的なパッケージの演出ですが、実は職業スポーツトレーナーとのことで、ハキハキしたしゃべり方と打てば響くような受け答えは、結構折り目正しい正統派体育会系テイストです。濡れてると思う?に恥ずかしがらずに正確に「濡れてるかもしれない」と情報を返すところ(笑)、フレッシュレーベルデビューの女の子には今まであまりいなかったタイプです。もちろんくりっとした丸い目とつぼみのような硬さの残る丸い美乳、プレイ中でも笑顔あふれるとても可愛い女の子です。感度は抜群で、ただ男優貞松のような隙の無い執拗な責めは経験が無さそうで、いっぱいイっちゃう!と言いながらの照れ笑いが眩しい。相手を上目使いで見ながらのフェラは、顎を上げる時にカリに舌を引っかけてそうな特徴のあるフェラです。ストレートに喉奥に当てるやり方と併用で刺激を変化させています。喉奥に当てるのが好きとのことなので、イラマで興奮するタイプかもしれません。挿入してもにこやかさは変わらず、ただ奥で味わう表情はグっと来ます。そしてあまり得意じゃないのと言いながらしていたグラインド騎乗位はちゃんと腰が振れていてサマになっています。彼女も男性と一緒に気持ちいいセックスを作っていくタイプに見えます。そしてこのタイプの女の子ってデビュー作限りでは終わらず、必ずリピートされるんですよ。

ssis00157pl.jpg
エスワン5月デビューの枠から登場してデビュー作は10000超えの数字を叩き出したエスワン専属の小宵こなんもガチ勢入りです。彼女は結構ゲリラ的にツイキャスをする子なんですが、通知に反応して毎度毎度ファンの出席率の高い熱いツイキャスです。僕も結構出席率高いです(笑)。ちなみに、デビュー作のインタビューの口調とツイキャスの彼女の口調は結構違います。「凄くない?↗」が口癖です。彼女のツイキャス面白いですよ。また、twitterではイケてるブラジャーでトレードマークである爆乳Hカップをガツンと主張する自撮りを結構上げてくれています。彼女のこの面白くて好感度の高いキャラクターが活かせる作品が増えてくると大きな第二波が来るんじゃないかなと思います。ところで彼女はお尻のボリューム感も素晴らしいんですが、特にTバックを履いた時のお尻は絶品です。後ろから執拗に責めるとパンツはしっとり、とっても濡れやすいんですね。デビュー作では男優吉村による、セルフくぱぁからのクリ舐めなんかも味わった彼女ですが、普段からオナニーをしっかり嗜むからか、まあ感じっぷりが素晴らしい。フェラは舌先でチロチロと転がしながらかぽっと咥えるスタイルで、とても気持ちよさそうです。デビュー作は恐らくすごく売れたかと思うんですが、またまだ借りてきた猫のように大人しいです。僕の考える小宵こなんと整合するプレイを見せてくれるようになるのは交わる体液、濃密セックス辺りからで、ガツンと来る存在感たっぷりのボディを激しく揺らしながら男に跨って大きなお尻を振りまくるダイナミックな騎乗位は見応えたっぷりです。

cawd00223pl.jpg
ムーディーズからデビュー、新人元国民的台湾ハーフ美少女として話題を集めた伊東めるもガチ勢入りです。FANZAでもMGSでも売れまくってる彼女、僕のフォロワーにも熱心なファンが多く、僕とつながりのある女優さんたちからは頭がキレッキレで可愛いと評判は上々です。早くも2作目で責め技全開の作品をリリースした彼女、順手から逆手への持ち替え、先っぽを指先で弄る技等、本職さながらの手コキを持っています。フェラもこの手コキで与える刺激をクチの中で再現している感じでしょう。そして騎乗位。これで一本撮影するだけあって杭打ちからグラインドへと、柔らかく滑らかな腰使いは見てるだけで射精しそうになります。これが背面騎乗位では毬のようにお尻をホップさせる動きを見せたりで、後ろから見るこのホップするお尻はさぞや視覚的に楽しいんだろうなぁと思います。しかしお顔も可愛くてボディも綺麗ですね。小柄綺麗にまとまったルックスの彼女、この隣のお姉さん的な愛らしいルックスと2021組屈指の床上手っぷりで、どこまで飛躍してくれるかとても楽しみです。

shkd00962pl.jpg
まず最初に謝ります。こづえちゃん本当にごめんなさい、こづえちゃんは3月デビューでしたね。リストを作るときに間違っちゃったみたいです。SODがWILLに殴り込みをかけた3月、朝田ひまりに加えてSOD麗レーベルからデビューした美波こづえもガチ勢入りです。彼女はSODデビュー以降様々なメーカーから作品が出ていまして、実はMGSでもランキングの常連になるほどヒット作の多い女優さんなんですが、今回ガチ勢入りするに当たって使った数字はFANZAのみ、ファンにしっかりと支えられた女優さんです。ヤリマンを自称し、「経験人数忘れちゃいました」という女優さんはとても珍しいんですが、このいかにも知的で折り目正しい居住まいは、FANZAでは専ら知的なヤリマンですが、MGSでは初心な女性役も演じてます。さて、彼女のデビュー作なんですが、まあ異彩を放ってました。最初のお手合わせがしみけんさんだったから見えた部分かもしれません。ノーブラのおっぱいをわざとガン見していたしみけんさんが、「顔めっちゃ可愛いのにおっぱい見てた!」と言うのに対して、彼女は「顔見てほしい」って言うんですよね。なぜかその言葉がググっと性的な部分にすごく刺さってすごくドキドキさせられたんですよ。焦らされれて自分から唇を寄せに行ったキスも「なかなかしてくれないから・・・」と理由を言いながら詰る。どんなキスがしたいのと聞かれ「もっと深いやつ」と吐息交じりに繰り出す湿り気のある言葉。というな言葉以上に言霊となって一つ一つが刺さります。決して粘着力たっぷりのわざとらしい痴女ではない、ああ痴女ってのはこういう顔をして、有無を言わせない言葉を持ってるんだと得心するものがありました。こづえちゃん、イイ女だぜ。プレイが始まればコクたっぷりのキス、乳首責めに体をビクっと痙攣させ、時折眉間に皺を寄せて味わうような表情。しみけんさんに攪拌されたマン汁の音を聞かされて「何の音?」と言われても、微笑んで答えない。しかし目の前でM字開脚をさせられれば「早く舐めて欲しい」と促す。僕ならしみけんさんのように彼女の圧に耐えてふざけ切ることなんかできないだろうなと思ったシーンでした。そしてフェラですが、まず自分の頬にすりすりというのが全く新しい。これは遊んでるんでしょうね。バキバキに勃ったしみけん棒を捩るように深く咥え、玉をしゃぶるに至っては見ている僕の背筋にクルものがありました。立ちバックからの挿入で始まるプレイは、まず彼女の一際高い声に揺さぶられ、また高速騎乗位も彼女の激しくこみ上げてくるような快感が伝わってきて当てられます。他の女優さんと同じメニューをこなしても一味も二味も違う情感を出せる女優、それが美波こづえです。

星が生まれた6月
cawd00264pl.jpg
学校内のどこででもキスしてくる、遮蔽物に隠れて制服の隙間から手を入れて感じやすいカラダをさらに感じやすくするタッチで責めてくる、人気(ひとけ)が無くなればパンツを下ろされて挿入してくる。そんな彼氏がこういう女の子を作ったんじゃないかなんて妄想がはかどりまくるエロさを見せつけ、6月に大きな存在感を獲得したのが、kawaii*からデビューした日向なつです。現在全体12位ですが、執筆時点ではデビュー作が20000超えを達成していますので、もっと上昇してもおかしくありません。kawaii*が彼女にどのくらい期待をかけていたのかは定かではありませんが、何も無いところに突如星が生まれたようなインパクトで、エスワンの広瀬蓮、SODstarのMINAMOを食うかという勢いを見せつけました。2作目も良い数字が出ていますので順調にリピーターがついてきているかも。さて彼女ですが、僕が冒頭に妄想したようなイメージと概ね整合する、とても淫靡でイヤらしいセックスをする子です。特にキス直前の表情がイヤらしいこと。デビューセックスで男優鮫島が数秒の焦らしを入れてくれたおかげで見ることができるんですが、キス直前の彼女、目がヤバいです。そこからはセックスが終わるまでずっとスイッチ入りっぱなし。糸引く豊富なマン汁で白いパンツに割れ目染みを作る豊富な汁をくちゃくちゃさせ、高い声を出して身悶えながらビクビクと震える彼女を見ることができます。何も履いてない綺麗なお尻がたっぷりの汁でびちゃびちゃに濡れてるのって画的にたまりませんね。一見細くて小奇麗にまとまった感じのカラダに見えますが、なかなかボリューム感のある美乳も美味しそう。そしてセックス中は乳首がピクっと立ってます。彼女もM性癖の子の例に漏れず、自分から先端を喉奥に当てていく深いフェラをする子。そして最初から結構ちゃんとした騎乗位ができていました。Mだから受け身かと思えば、攻守交替でしっかりご奉仕もしてきた子なのかな、なんて思わせる練度の高いセックスを見せてくれます。新作は潮を吹きまくります。ええ、そろそろ来る頃かなと思っていました。高校時代彼氏と一緒にいた場所はどこも潮の匂いが充満して長い時間換気しないといけなかった、なんてエピソードがぱっと妄想できちゃうところ、日向なつ、なかなかのファンタジスタです。

1stars00398pl.jpg
SODstarのMINAMOも余裕でガチ勢入りです。今からこんなこと言うのは勇み足かも知れませんが、彼女は10周年をSODstarとして迎えてもおかしくないくらいの特別な子です。彼女のデビュー作のファーストセックスを見たときには震えが走りました。男優貞松への笑顔の投げ方、恥ずかしいけどもっとやって系のメッセージの出し方が完璧で、面白がって技を繰り出す貞松大ちゃんと楽しみ楽しませながら独特の空気感で濃密にセックスを作ってくところ、他の新人女優の何万歩も先を行ってる、モノが違う子なんだということを実感させられました。まるで彼女の背後に巨匠AV監督のスタンドがいて、細かい指示を出しそれを彼女が緻密に演じているかのようなプレイでした。湿り気と粘り気を感じる濃い味のプレイが特徴で、特に上目遣いフェラがたまりませんね(笑)。今後この上目遣いで痴女を演じることになるでしょう。正常位で腰を浮かせようとした時、膣中の腹側に危険を感じたのか即座に「それだめ~」と言うところは実に面白い。セックスに関してとても早熟な彼女は、どんな体位だとどこに当たって自分がどうなってしまうのか良く分かってるんです(笑)。バックの時の背中の反りは、形が良く、手入れも行き届いたお尻を際立たせます。お尻の良さは彼女の得意な杭打ち騎乗位でも楽しめますね。プレイ内容もさることながら、カメラ収まりが抜群に良いのは、カメラ収まりを意識してプレイできる余裕と作り手としての使命感からかも知れません。そしてインパクト大の大きな膨らみの美乳ですから、「百年に一度のSODstar」というサブタイトルの多少大仰な響き引っかかっても、見れば納得ですよとくろがねは明言しておきます。

jufe00322pl.jpg
予約解禁するや瞬く間に注目を集めたFitch専属の朝日りんもガチ勢入りです。田舎から出てきて地下アイドルをやっていたという彼女、デビュー作は嵐山みちる監督得意のドキュメンタリータッチな作品でした。なかなか報われない地下アイドル生活から、曲がりなりにも専属女優としてデビューし、デビュー作は大好評と言っていい数字が出ました。見ていてとても嬉しいのは彼女の解放感や高揚感が伝わってくるところ。長く活躍してほしいなと思います。しかしすごいボディです。若さかなぁ、綺麗な肌にボリューム感たっぷりの肉付き。そしてもちろん見るべきはGカップ美巨乳ですが、これに触れられる玉木玲の羨ましいこと。セックス経験の少ない田舎の女の子特有の面白いリアクションと言葉遣いが男優を笑わせ、見ている僕も思わず笑みがこぼれるとても楽しい女の子です。このキャラクターを磨いて行けば益々人気者になりそうな気がします。小さな頃から気持ちいいことは大好きだったという彼女、デビュー作でも珍しい角オナニーまで見せてくれました(笑)。こういうことやっちゃうところがこの子の愛される由縁でしょう。ちなみに決して男性経験豊富ではないながら爆裂錯乱潮吹き体質の彼女、デビュー作で既に吹きまくっていた彼女ですが、2作目ではイキ疲れするほどイキまくり、ハメ潮を飛ばしまくりました。見てて本当に飽きない子ですよ。

1stars00387pl.jpg
僕が月刊FANZAで見て衝撃の一目惚れをしたSODstarの「感動するカラダ」ことアンナもガチ勢入りです。まあとにかく目が可愛いこと可愛いこと。クリっとしてますよね。この子の笑顔を見るためなら頑張っちゃうぞってなる感じの素晴らしい笑顔をいつも見せてくれる激マブの女の子です。そして雪肌に栗色の髪ですからたまりません。それと僕はダンサーの女の子は無条件で贔屓しちゃうんですよ。僕もダンスの経験が少しあるからです。さて「感動するカラダ」のお話ですが、もうこれに文句言う奴のことなど知らん!というレベルの雪肌のふわっとした肉付き。そしてFカップピンク乳首美巨乳です。この子のカラダに触れたらズブズブに溺れて人生狂っちゃうかもですね。感動するカラダはマジでヤバいカラダです。恐らく昨年の加美杏奈ちゃんと同じで、感じやすい、濡れやすい、イキやすいこっちのアンナちゃん、デビュー初セックスからたっぷりと潮を吹きまくり、鳴き声のような喘ぎ声を上げて感じまくっています。彼女は何も言いませんが、この感動するカラダはとても感じやすいカラダ、そして感じまくれる気持ちいいセックスができるからセックスは大好きなんだろうと断定するしか無いほどに彼女の反応は素晴らしい。そしてダンスの素養のある女の子の例に漏れず、彼女の騎乗位は眼福の極みです。デビューセックスの攻守交替で見せた綺麗なグラインド騎乗位は、柔らかい美乳の質感とコリッコリに立ったピンク乳首の美しさと相まってそれはもう夢のような光景でした。ちなみに僕はアンナちゃんを愛でるため、毎月作品を買ってます。

hmn00014pl.jpg
決心がつかなくて1年経った今やっと決心!改めてAVデビュー! ということでムーディーズからデビューした広仲みなみもガチ勢入りです。ひなたまちゃんのファンがいたぞー!ひなたまちゃん、見てるか~?というわけでひなたまファンのみなみちゃん、独断と偏見で言いますが、彼女パッケージより可愛いです。FANZAにおける2作品のみの数字でのガチ勢入りなんですが、実はMGSでもそっくりさんがメチャ売れです。20代前半、黒髪ストレートヘアにスレンダーボディ。最初のセックスから彼女も大量潮吹きを披露。引くときにアクセントをつける丁寧なフェラで男優を唸らせます。アクティブにお尻をホップさせる騎乗位が楽しい彼女、挿入時のハメシロから溢れる白濁汁、そしてしみけんさんが面白がって何度も鳴らした、湿った音のマン屁が、若くてもすごく熟したカラダの質感を伝えてくれます。彼女はデビュー時点で本当によくセックスを知っていて、ちゃんと楽しめるレベルに達している女優さんなんですよね。ルックスはとても清楚で綺麗なお姉さん、実はセックス大好きマン汁たっぷり美女って本当に楽しいです。ヤル時は彼女くらいはしたなくないと!

focs00024pl.jpg
総務で働くハケンの佐々木さんこと佐々木夏菜もガチ勢入りです。SODから3本、最近ではオーロラプロジェクト、妄想族等他のメーカーからも作品を出し始めた佐々木さん、MGSでもそっくりさん作品が好評ですね。デビュー作では、SOD売上が減ってしまって流石にそろそろヤバいんじゃないか、というわけで会社の起死回生のために出演お願いしますとハケンの佐々木さんを口説くという筋書きでした。とりあえず出来ることから頼みますよと口説き落とせてないのに男優黒田登場、可愛いから勃っちゃった・・・とバキバキに勃たせて見せる男優黒田、そのサイズと勃ちの良さにニヤけまくるハケンの佐々木さんということで、じわじわと距離を詰める男優黒田、キス、フェラと進みます。ズルズル、びひょぶひょと盛大に音を立てて思い切りの良いフェラを見せてくれた佐々木さん、とてもノリノリに見えます。チンポをパンツにしまう男優黒田に「なんで仕舞っちゃうんですか?」と言った瞬間、ツボりました(笑)。どうにも僕は女子社員モノの特にオフィスでするセックスとは相性が悪く、今までヌケた試しが無いんですが、佐々木さんの面白いキャラと止めどなく飛ばしまくる、冗談だろ!?という潮の量、男優黒田に跨った彼女の素晴らしい熟練の騎乗位にようやく溜飲を下げました。佐々木さんありがとう!ちなみに乱交大好きのくろがね、上の妄想族のヤリサー作品がとても気になっています。

cawd00242pl.jpg
6月デビュー最後にご紹介するのが、ムーディーズからデビューの橘ひなのです。綺麗なお顔ですね~。デビュー作の初セックスのお相手がTKDこと武田”つぶやき機関砲”大樹というのがムーディーズの新人としてはとても珍しい。武田さんと言えば相部屋NTRシリーズの、イってもイっても光の速さで回復してハメまくる超絶倫武田部長が有名ですが、「AVっぽいセックスを」とのテーマに沿って、このいたいけなスレンダーパイパン美少女を責めまくります。とにかく激しく音を立てるクンニに大笑いのひなのちゃんですが、途中からトーンが変わってきて、「あ~イっちゃう~イクイク~!」といい感じでイケたようです。そして激突きラッシュではひなのちゃん、イクイクイクイクイク~に見事至りました。何せお顔がとても綺麗で本当に良く笑う女の子です。意外にも普通にナカ派にして、感度もビクビク。2019年に僕は渚みつきが出て来た時、おっぱいが無くても勝てます!と言いましたが、ひなのちゃんもこの楽しいキャラクターが知られるようになると瞬く間に人気女優として頭角を現すかも知れません。ちなみに新作の絶対領域は彼女のようなスレンダー美少女の鉄板ネタなので、どんな絶対領域になるのかとても気になります。

SODが強さを見せつけた7月
1stars00446pl.jpg
7月の覇者、SODstarの青木桃はデビュー作の強烈なインパクトでガチ勢入りです。見てて僕は自分が運動選手だった頃のことを思い出しました。骨折やら厳しい人間関係やらで競技の世界を離れた時、僕は「男」としてどう生きていったら良いのか分からなくなったものでした。すべてを失い、自分は男の子を最初からやり直さねばという長年の模索の結果、気づいたら僕はエロの世界の人になってました(笑)。エロを軽く見る人にはその魅力も美しさも分からないでしょうが、多分彼女は高揚しながら、もう一度女の子として生きなおす険しい道を歩んでるんだろうな、僕はそんな風に見ました。SOD伝統の羞恥プレイと言いますか、全裸で泳がせるというとんでもないシーンもありのこの作品ですが(こう見ると野本さんもSODの人なんだよなぁ)、磨き抜かれた筋肉の素晴らしさをこれでもかと見せつけました。フェチの方はきっとガッツポーズしながら見たことでしょう。一方で、セックスの経験がすごく薄いんだろうなと推察させるフェラのぎこちなさ、当然ですが、カメラを意識したプレイはすべて男優任せなところは、今後どんどん洗練されたプレイに置き換わっていくことでしょう。昨年小野六花について書いた時と同じことを言いますが、彼女はセックスの魔人たちの中に飛び込んで揉まれて自分を一から作って行こうという挑戦の途中です。もちろん挑戦するくらいだからセックスには興味深々。きっと今年の年末までには関係者が目を丸くするような変貌を遂げていることでしょう。

ssis00195pl.jpg
僕が月刊FANZAで大絶賛した香水じゅんもガチ勢入りです。本当に綺麗なお顔、小柄でどこから見てもふわっと可愛らしいフェニミンな佇まい、きっと彼女は40代になってもほとんど外見変わらない子なんじゃないかって気がしますね。彼女のエッチ語りは研究熱心さとこだわりの強さを感じさせるもので、デビューの時点でAV女優になる準備がしっかりと整っていた、そんな風に見えました。「エッチ大好きです」と言う彼女、口振りからはなかなか濃密なご奉仕プレイを持っていそうな雰囲気でしたが、それ以上に彼女はとても抱かれ上手でした。何か特別な高等技術を駆使していなくても、それが完全に受け身の場面であっても、画面いっぱいにマン汁の匂いが広がっちゃう子っているんですが、彼女がまさにそれ。可愛らしいパイパンを広げられて「あはぁ、いやぁ~ん」とリアクション、これでもうチンコガッチリ握られちゃった感じです。クンニで声を裏返しながらう~ううううんと声を漏らし、ビクビクと体を震わす。潮を吹けば「なんか出ちゃった、はじゅかしぃ」。幼さの残る顔立ちなのに、男優の首に腕を回してコクたっぷりまろやかな大人のキスをする。フェラは首をひねって変化をつけるディープスロート。「おちんちん舐めるの好きだから」なんて言う彼女、こういうこと言うの本当にズルい(笑)。極めつけは「気持ちよくて・・・」とポロリと流す涙。男の子なんてイチコロよ~♪って歌が聞こえて来そうです。密着しながら目いっぱい背中に腕を回された日には、この子俺のこと好きなんじゃないか?って勘違いしちゃう男優続出なんじゃないかと心配です(笑)。2作目の数字を見る限り、彼女は順調にリピートされている印象があります。分かる人には分かるんですよ、彼女の魅力。巨乳が好きでも香水じゅんは別腹な人たちがこれから増えていくことでしょう。

1stars00394pl.jpg
現役グラビアアイドルの肩書を引っ提げて登場したSODstarの天宮花南もガチ勢入りです。巨乳グラビアアイドルは今年のSODstar2人目で、これから彼女特徴を出していくことになるんでしょうね。可愛くてサクサクとよく喋る子、体全体が細いんですが、特にウエストが奇跡のような細さ。おっぱいが目立つこと目立つこと。パッケージの印象はロリ巨乳ですが、動画で見ると彼女とってもお姉さんなんですよね。経験人数3人だけどひとりひとりが濃かったので・・・と含みを持たせる言い方は、私は一通り知ってるわよという響きを持っています。実際にプレイが始まってみると、なんだ君のキス大人のキスじゃないか!という深さ。そしてなかなか良い騎乗位を持っています。着エロ撮影のオイルマッサージ中のマン汁武勇伝を持つ彼女、デビュー作ではそのオイル撮影を再現したかのようなシーンもありますが、攪拌されるマン汁の音が盛大に響くこのシーン、豊富な汁量は疑いようもなく、今後大量潮吹き作品なんかも出て来そうです。そして彼女のデビュー作はカンパニー松尾のハメ撮りというボーナストラックもついてきています。多くは語りませんが、彼女はカン松さんとのプレイにすんなり馴染んでしまっていて、見た目は可愛い巨乳ちゃんですが、実はクセ者かもと思わせるものがありました。とは言え、彼女の、言うなればお天気お姉さん的な落ち着きと爽やかさはSODstarにとってかなり大きな拾い物だなと思います。ぴかきんちゃんとともに「SODstar朝の顔」として売り出したら面白いかもと思いました。

pppd00958pl.jpg
E-BODYからデビューした希咲アリスもガチ勢入りです。実は彼女の数字って最初伸びがとても鈍かったんですよ。パッケージがとても可愛いので、ユーザーさんがパケ詐欺を警戒したんじゃないかと思いました(笑)。ご心配なく、彼女はしゃべり方とかとても素人っぽい子ですが、目力強めのめっちゃ可愛い子です。しかもJカップ。すごいボリューム感と張りです。おっぱいだけじゃダメですか?というタイトルをユーザーレビューは様々に評価していますが、彼女はちゃんと締まるところは締まった、なかなかにいい曲線を持ったボディの持ち主なので、おっぱいだけというのは語弊があります。どうやって挿れる?と言われて「正常位」と言いながらお尻を向けて、「それバックだよ」と男優に突っ込まれるナイスボケをかましたアリスちゃん、気を取り直して開始した正常位では実に気持ちよさそうな大きな喘ぎ声で悶えまくりました。アリスちゃん、セックスかなり好きだよね?となれば、どんどん磨かれていくのを作品を追いつつじっくり楽しむというのが、彼女のいちばん美味しい楽しみ方なのかな、なんて思いました。

cawd00257pl.jpg
一般人は入れない会員制ラウンジで指名上位の癒し系美女、アイポケ逸材発掘プロジェクトからデビューの星谷瞳もガチ勢入りです。僕のフォロワーさんから会員制ラウンジってどんな場所なの?と問い合わせ殺到の彼女、皆さんこのパッケージの女の子からゾクゾクとヤバいものを感じ取って興味津々といった様子。彼女は2作品だけの数字でガチ勢入りですが、デビュー作とkawaiiからの最新作の稼いだポイントがほぼ変わらないという強力なアベレージヒッターぶり、率直にすごいと思います。FANZAユーザーの評価は高く、貧乳、スレンダー、パイパン万歳勢がこぞって絶賛している印象です。ところで僕がとても評価するのは彼女のセックスです。デビュー作ではあらゆる体位に順応し、全身の性感帯の敏感な反応と色っぽい悶えっぷりで僕らをくすぐり、そして丁寧でかつ極めて洗練されたご奉仕プレイで僕らを唸らせました。柔らかくて深いキス、隙間なく丁寧に温めるように舐める深いフェラ、上体と腰の動きを眺めることがそのままダンスを見ているような美しいグラインド騎乗位、本当に参った!磨かれているなぁ、一体どうやったら女ってこんなに磨かれるのかとため息が出ます。AVユーザーってのは「リアル」を素人っぽさだと思いがちな傾向がありますが、本当は意識してここまで極めて作った価値こそ尊いし、これも一つのリアルなのですよ。しっかりとリピートされているのを物語る数字には心の底から納得です。

hmn00048pl.jpg
本中からデビューしたあおちゃんこと天野碧もガチ勢入りです。元気な子だ~、なんだか画面が一気に明るくなりました。可愛いじゃないですか!しかも巨乳、乳輪大きめパフィーニップル、そりゃ人気出ますわ。AV鑑賞会を開催するほどのAV好き、今度開催する時は僕が解説しますんで呼んでください(笑)。楽しい子だなぁ、キャッキャウフフしてて、いいわ~可愛いわ~。パンツに手を入れられて弄られると、んはぁ、んぐはぁと肩で息をしちゃう可愛いあおちゃん。逃げないようにしっかりロックされてのクンニに笑顔は消えとってもヤバい顔、初潮吹きは「え~すご!」というリアクション。攻守交替すると責め好きなあおちゃんはとたんに色っぽい声を出し始める。舐めたい、舐めてもいいの?って言いながらフェラする子、僕は大好きです。彼女の性格が好色ご奉仕タイプなため、責めに特化したスキルはなかなか磨かれています。特にフェラと騎乗位は魅せますよ。でも責めを受ける時の慣れない、みずみずしい反応がドラマものなんかでは活きる気がするなぁ。

球界大激震の8月
ebod00857pl.jpg
そして最後は8月デビュー、E-BODYからデビューの冨安れおなです。8月には他にもデビューした女優さんたくさんいるんですが、彼女が光の速さで8月唯一のガチ勢入り、とりあえずタイトルは彼女が独占という感じで良いでしょう。口説かれたとされるスポーツ選手が次々特定されるという球界激震のぶっこみスポーツキャスターの彼女、さてAV女優としての適性は?というところですが、パンイチで登場の男優黒田とご対面の彼女、なんと彼を知っていたらしい!適性すごくありますね(笑)。勃起したときの黒田棒のペットボトルのようなボリューム感もよくご存知だったんでしょう。スポーツキャスターの肩書にグっとリアリティを感じさせる知的で清らかなお顔立ち、そしてボディは文句のつけようのない美しさ。肌の手入れの完璧さ、Gカップ美巨乳の完璧に美しいフォルム、8月の有力メーカーの目玉新人たちを背後に置き去りにした勢いはすごいものがありました。なんと14歳の頃からセックスを嗜んでいたという彼女、セックスを楽しめる成熟と、女らしい慎み深さを同時に育んだように見受けられる絶妙な恥じらいと大胆なイキっぷりはそりゃ男が夢中になりますわなという味わい深さです。しっかし綺麗な騎乗位に、バックの時の背中とお尻のラインがまた絶景ですね。正常位もおっぱいの美しさで映えること映えること。最新の予約作品は「遠征先でも来てくれる都合の良い愛人」ですって。もうこうなるとほとんど愉快犯(笑)。いやでも悪いのはE-BODYのプロデューサーでしょう。

おわりに
45人ご紹介するつもりが、花門のんちゃんのアカウントが消えてしまっててあれ~の44人ご紹介、締まらない最後で申し訳ありません。普段は週プレ、月刊FANZA、デラべっぴんRなんかで書いてて原稿料なんかも頂戴しているくろがねですが、プレステージショックで業界激震のさなか、この特集を掲載していただける媒体もなく、かと言って毎年この特集を通じて、物言わぬAVユーザー多数派の求めるエロの形を探求したいという気持ちは決して止めることもできず、今年はこの形でお送りしました。毎日めぼしい新人さんを定点観測しているくろがねですので、もちろん8月9日の締め日から結構な日数が経過し、FANZAからMGSから続々ガチ勢女優さんが出ているのは承知しております。締め日以降のガチ勢女優様は毎月の野良連載で適宜ご紹介するほか、下半期特集でもご紹介しますのでお待ちください。そしてここまで読んでくださった皆さんありがとうございました。もし抜けてる女優さんがいたら教えてください。改めて下半期でご紹介させていただきます。

さてやはりFANZA離脱したプレステージの行方が気になります。元々プレステージはネット配信の強いメーカーではあったんですが、FANZA離脱により紙媒体での発信が減り、ちょっとプロモーションが手薄になってるかなという印象を受けます。今年は美ノ嶋めぐりだけでなく、七嶋舞、時田萌々、小鳩麦等話題の新人をたくさん抱えていますので飛躍してほしいなと、かつてMGSでライターレビューを行っていた僕は強く思います。ただMGSの数字を見ても、これが売れているのか売れていないのか良くわからないというのが痛いところ。とは言え、MGSでも5万超えの超ヒット作品が生まれている現状もあるので、一応MGSとFANZAを並べてフラットに評価しております。とするとやはり、プロモーション弾幕薄いよって判断するところなのか。

上半期でご紹介させていただきました女優のみなさんおめでとうございます。私を見て!の精神でこれからも熱く業界を盛りあげていただけると幸甚に思います。皆さんそれでは下半期でまたお会いしましょう、よろしくお願いいたします。

以上、くろがね阿礼でした。

テーマ : AV女優
ジャンル : アダルト

2021-08-31 : AVトレンド : コメント : 0 :
ホーム

スポンサード

最新コメント

スポンサード